stdチェッカーやバルトレックスでヘルペスを予防

性感染症の種類の中で、性器ヘルペスなどが増えていると言われており、医療機関を受診することでバルトレックスを処方してもらうことができます。
バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑制させる作用がある医薬品ということで、性器ヘルペスを発症しているときにも有効です。
バルトレックスには「塩酸バラシクロビル」という成分が含まれており、この成分を体内に取り入れることによってヘルペスの原因となっている、ウイルスを攻撃してくれます。
バルトレックスを服用することで、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水疱瘡などの症状を軽減させることや再発を防止することができます。
ヘルペスを発症したときには、5日以内にバルトレックスを服用することで、ウイルスの症状を最小限に抑えることが可能になります。
バルトレックスに限らず、抗ウイルス剤を服用するときにはアルコール性に注意する必要があります。
アルコール性のものには血管を拡張させる作用があるために、一般的な日常生活においては微量であれば健康に良いと考えられていますが、過剰に摂取することによって、炎症反応が激しくなりますので副作用の危険性が高まります。
従って、バルトレックスの服用の際には、アルコール性のものを控えることが大切になります。
また、性感染症の疑いがあるときに医療機関を受診できないときには、stdチェッカーが便利です。
性感染症のことをSTDという呼び方をしますが、stdチェッカーを使用することで性器ヘルペスなどの検査を自分で行うことができます。
stdチェッカーの販売業者の中には、検査を行うことの認定を受けているところもあり、チェッカーで検査をしてから郵送することで検査結果を教えてくれるサービスが行われています。