薬は日本製と海外製でどう違うのか

医薬品においては、日本製と海外製で大きな違いがあると言えます。
どういう違いがあるのかについて触れると、まず日本製については厚生労働省の許可を受けた種類・用途に限られる事から全体としての種類は絞られるものの、より安全性が高いと考えられます。
一方、海外製においては国内で許認可を受けていないものの有効と考えられる医薬品を、個人輸入の形式で購入する事になります。
従って購入可能な医薬品の種類は大きく広がります。
費用面においても大きな違いがあり、日本製は保険適用によって費用が抑えられるものの対象外となる薬については非常に高価になってしまいます。
一方、海外製についてはそうした縛りは無く、元の薬価が安いジェネリックであればかなりの安価で購入出来る可能性も秘めていると言えます。
そして服用に関するトラブルの扱いにおいても、大きな違いがあります。
日本製であれば処方箋がある場合については医師・薬剤師の責任が、市販薬についてはメーカーの責任が強く問われる事となります。
一方で海外製については、前述のように個人輸入で購入する事から、副作用等が起きた場合についても自身の責任でこれを処理しなければなりません。
こうして様々な観点から違いを考察すると、一概にどちらが良いとは言えない面があります。
用途・服用期間等も勘案した上で使用する医薬品に合致した入手方法を選択する事が重要と言えます。